アル症の治療のひとつ内観療法

2010–11–02 (Tue) 22:40
不慮の事故死とかは別として、人は死ぬ直前には 今までどういう人生だったか、
悔いは無かったか、人に迷惑をかけてなかったか、などを考える。

でも死ぬ前にそれを思い出して反省してみても、もう後が無い。

そこであと せめて1時間でも、せめて1日でもあれば恩返しをしたい、
と考えることが1つや2つは ある。

死ぬ前に反省するのと同じくらいの真剣さで過去を振り返ると 今、何をなすべきか、
今後、どうあるべきか がわかってくる。  ・・・というのが内観療法。
1960年代から精神医療現場に導入されてます。


7日間の泊り込みで 新聞 ラジオ 携帯 テレビ 筆記具などは預かりとなって
和室の隅にびょうぶか、ついたてを立てて その中に自由な姿勢で座る。

そして まず自分の母親に対して、

     1  してもらったこと
     2  して返したこと
     3  迷惑をかけたこと   について思い出す。

年代を追って過去から現在まで。 母親の次は父親、次は兄弟、次は配偶者と
順番に思い出していき、最後にまた母親に戻る。

朝の7時から晩の8時まで13時間。 1~2時間おきに指導者が来るけど
最低限の事だけ伝えて1~3分で帰ってしまうので その間に思い出した事を話す。

これを7日間続ける。 その間、タバコもダメ。


断酒の決意、継続、うつ、ノイローゼ、薬物依存などに効果があって再発の
確率も低くなる。


断酒直後のいちばんつらかった時期に これを受けてみようかと考えた時も
あったけど、タバコがダメという時点で私には無理。 


アルコール依存症は病気なので治療が必要。 でも自力で治してみせる。


 
にほんブログ村さんのランキングに参加しています。
これからの励みに応援クリックしていただけたら嬉しいです。

             ↓

        にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ



テーマ→アルコール依存症 / ジャンル→心と身体


« 薬物探索行動 | HOME |  休肝日を作っても油断するだけ »

コメント

意思の硬さ
すばらしいです!!

すまいるつうしんさん おはようございます。

意志が硬いというか単にガンコなだけですよ~
イシアタマともいいます(笑

内観療法は辛そうです。1週間保護室にいたことがありますが、早く出して欲しいばかりでそれ以外は考えられませんでした。
両親、兄弟とも全く確執はありません。普通に育ててもらったし。
そう、保護室では煙草は吸えませんよ。晩酌もできません。

こんにちは~。
色んな治療法あるんですね。
内観療法って言うんですね。私はタバコ吸わないけれど、制限ありすぎて無理かな?でも来年の夏休みの過ごし方として覚えておこう。

yamadaさん こんばんは。

内観療法はホントつらいみたいで脱落者もいるようです。
でも脱落してもそれなりの効果はあるとか・・
そのあたりは良く分かりませんが宗教色が濃いと
言ってる人もいるし・・・
費用が普通の旅館に泊まるより少し高い目で
それを考えると・・微妙ですが。

約半数の人が効果があったとか。

マリモコさん こんばんは。

私もスリップしたときは受けてみようかとも思いますが
なにせ制限が多くてそれに耐えれるかどうか。
それよりもスリップした時点で また吐血して
今度は命がないかも・・・

効果があるのは間違いないようですよ。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://mariaryujo.blog135.fc2.com/tb.php/99-bc1f115e

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

profile

       もくじ

サイト内検索 ↓ご活用ください

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

相互リンク

RSSリンクの表示

最新トラックバック

ヽ(*^・゚)ノ~チュッ♪

powered by
3ET

link

ジャヌビア