スポンサーサイト

--–--–-- (--) --:--
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

うぬぼれるアル中の末路

2012–11–17 (Sat) 21:39
きのう年配の職人さんが一人辞めていった。


定年にはまだ早い年齢だけど典型的な
アルコール依存症。


会社内の鉄筋溶接工場をひとつ任されてるベテランの人
だったけどアル依存の症状がひどくなってからは朝、
起きれなくて、そのたびに欠勤が続くようになってた。

来ても顔は真っ赤っ赤。 口臭はアセトアルデヒド特有
のクッサ~~~い匂い。

そんな状態で来たって使い物にはならないのに口だけで
指示、下っ端の人間は皆ブチ切れてた。

それでも当の本人は自分が会社を支えてる重要なポスト
だからクビにはできないだろうとタカをくくってる。

「俺はこの中では天皇だからな!」 が口癖。

γーGTPがマックス時2000を越えてた人で
目には明らかな黄疸と視神経までかなり逝っててまとも
に溶接機も扱えないくらい。

「いいかげん酒やめな死ぬで!」 と言い聞かせても
「じゃ減らす・・」 と嘘をつく。

表向きは依願退職だけど上の人たちの我慢が限界に
きてしまって事実上のクビ。

それでもきっと誰かが引き止めてくれるだろう、と
信じてたらしい。会社なんてそんな甘いモンじゃない
のに。


アルコール依存症は 「自分だけは特別」 みたいな
変な自信過剰がある。

私が思うには常にアルコールが抜けてなくて酔ってる
ような状態がいつまでも続いてるからだと思う。

アル中時代の自分もそうだった。

朝、お酒のせいで起きれなくて会社を休んだり、
出てきても二日酔いで機嫌が悪いからモメ事ばかり
起こしても 「まぁクビにはしないだろ・・」
みたいな事を考えてた。 (実はギリギリで繋がってた
事が後に判明)


病院にいた時も先生から「精神科に紹介状書くから
そっちに行きなさい!」 と言われても 「私が精神科
?? どっこもおかしくないのに、なんで??」

て思ってたけど充分に気を病んでた。


そのアル中の職人さんは誰にも見送りされることなく
一人で寂しげな後姿で去っていったけどアル中の
末路なんてこんなモノ。




ランキングに参加させてもらっています。 
これからの励みに応援クリックしていた
だけたら嬉しいです。
              ↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
    



人気ブログランキングへ





« 恐怖 !! 写ってはいけないモノが写ってた | HOME |  ビールだけで廃人になった人 »

コメント

私がまだ若かりしころ、どの部署にもどうしようもないアル中が何人かいましたが、景気の良さでしょう、クビになった人はいませんでした。
エレベーターが臭い。
昼休みには、酒を飲んで席に帰る上司は普通にいました。
新人のころは、会社ってこんなところと納得していました。
それでも、同部署の人が酒で40前半で亡くなったり、単身寮で酒まみれで死んでたりの話を聞くと、自分は間違ってもアル中にはなるまいぞと思ってたのですが、いい年になると、昼飯にはビール、5時以降は焼酎片手に残業でした。
こっちの業界にきてしまうと、アル中工場長さんにも同情の気持ちが湧きます。
部下はたまったものではないですが。

その後を思うと、切ないですね。

yamadagagaさん こんばんは。
そうそう。バブルの頃は職人さんたちはお昼ご飯にビールは
普通でしたよね。 今はその職人さんたちもお昼にビールを
買うような小銭さえ持ってない・・・ 

私も医者から面と向かって「肝硬変なってるよ」て言われるまでは
まさかこの私がね~ なんて考えてたけど甘かったです。
もうこてこてのどうしようもないアル中にすでになってました。

身近な人がアル中でおぼれていくのを止められない自分の
無力さが情けなかったです。あのまま死んでいくのは目に見えてるのに。

考えてみると

 確かに、考えてみると、身の周りにアルコール依存症にかかっている人って結構いますね。
 私の場合も、過去も含めると両手では足りません。
 小学生の頃、音楽の先生がいつも顔に生傷が絶えず、ときに授業中に泣き出したりして授業にならなかったことがあり、幼心にこれってなんなんだろうと思っていたところ、それは旦那がアル中で、夜毎夜毎、酔っ払っては音楽の先生に暴力を振るっているのだと聞かされたことがありました。
 アルコール依存症は家族や周りを不幸に巻き込む厄介な病気です。
 本人は事業自得としても、その職人さんに家族がいたとしたら、どんな思いだろうとつい想像してしまいます。

浪花太郎さん こんばんは。
その音楽の先生の話、なんか見につまされる少し悲しいお話ですね。
しかも子供たちにしてみたらディープすぎますよね。DVの話なんて。

アル依存はホントおっしゃるとおり家族を巻き込んでしまいます。
ひとりいればその家族ごと病んでしまいますからね。
しかも完治は難しいし。

アル中の人に厳しい言葉を投げつけながらも、マリアさんの優しいまなざしが
痛いほど伝わってきます。

棚の上さん おはようございます。
早起きですね~ 私も断酒を始めてから朝はスっと起きれるように
なりました。断酒も早起きも結局は自分の意思。アル依存が「病気」
というのはわたし的には微妙に違うスタンスで捉えてるんですよね~

私は決して優しい性格じゃないですよ~~~
どちらかというと冷酷非道、かな~~り ズル賢いです(爆)

生きててよかったぁ!

ほんまにそう思いました、色んな事考えました。

ekikyabe さん
おはようございます。ご心配おかけしました。

生きてますよ~~~

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

「まとめ【うぬぼれるアル中の末】」

きのう年配の職人さんが一人辞めていった。定年にはまだ早い年齢だけど典型的なアルコール依存症。会社内  …

「断酒日記再び(11/20 弟)」

■ 昨日の記事の訂正  昨日の記事では、ハンドルネール「maria龍女」さんのブログ「吐血混沌断酒日記」の感想などを書いたが、今朝、龍女さんの最新記事(→掲載ページ)  …

トラックバックURL

http://mariaryujo.blog135.fc2.com/tb.php/294-307c247d

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

profile

       もくじ

サイト内検索 ↓ご活用ください

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

相互リンク

RSSリンクの表示

最新トラックバック

ヽ(*^・゚)ノ~チュッ♪

powered by
3ET

link

ジャヌビア
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。