恐怖のミッキーマウス

2010–08–23 (Mon) 23:03
離脱症状の時の幻聴もひどかったけど幻覚もひどかった。

いつも視界のすみに人がいる気配がして視線を感じたり(実際にはいない)
脚からアリが上がって来る感覚だけ、腕に小さなハエが止まってる感覚だけ
(これも実際にはいない)・・etc・・etc・・

夜、寝てるとベッドの下でガサガサッと音がする。ゴキブリみたいに小さいモノ
じゃなくて もっと大きな何か。覗いても何も見えない。

ねずみかな?と思ってネズミホイホイ(ほんとにある ワラ)を何日か置いてみるが
何もかからない。  ガサガサッて音だけが何日も聞こえる。

幻聴か幻覚かと疑ってみたけど、やっぱり現実に思える、でも、もうネズミホイホイ
何もかからないから要らないや、と庭にポイッと捨てた。

次の日それを見て心臓が止まりそうになった。

30cmくらいの大きなネズミがベチャッと横向きに張り付いてた。
もう怖くて近づけない。 どうしよう、と何日か ほうっておいたら、ある日 
今度は庭でガサッ!て音がして見に行くとネズミがホイホイごと消えてた。

たぶん野良猫が持って行ったんだと思うけど、とにかく消えてくれて助かった。

この話を同僚に話しても案の定、ラリってたやろ?でしまい。

でもベッドの下から かじられたニット帽が出てきたからホントにいたんだと思う。
(ていうかニット帽 食う? ふつう!)


にほんブログ村さんのランキングに参加しています。
これからの励みに応援クリックしていただけたら嬉しいです。

     ↓

にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ





テーマ→アルコール依存症 / ジャンル→心と身体


« 幻聴か幽霊か | HOME |  夏によく出るアレ(閲覧注意) »

コメント

離脱症状調べてみました。

maria龍女さん、おはようございます。

薬物接種を止めようとするとき、不快な身体的・精神的症状に襲われる状態。と書いてありました。

「例として抗うつ薬(SSRI)のパキシルは、服用を中止するとき徐々に
減量していかないと「シャンビリ」を呼ばれる知覚障害に襲われるケースが
多い。」とか。・・・・・・なんか、日本語表現が変

シャンビリって何と言う感じで初めて、聞く言葉。

酒は徐々に止められる、性質の物では無いですよね。

依存しているのだから、休肝日を取った事ないないなぁ~・・・・

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://mariaryujo.blog135.fc2.com/tb.php/28-a3a3a7e3

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

profile

       もくじ

サイト内検索 ↓ご活用ください

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

相互リンク

RSSリンクの表示

最新トラックバック

ヽ(*^・゚)ノ~チュッ♪

powered by
3ET

link

ジャヌビア