毒は毒、じゃなく量次第

2012–04–07 (Sat) 22:30
薬害事件の原点と言える 「サリドマイド事件」


1959~61年の間に販売されていた睡眠薬で妊婦の
つわりを緩和するのにも使われてた薬。

新生児の奇形で世界的に大問題になり日本では
製薬会社の回収が遅れ多数の患者が発生。

子供だった私に看護師の母は薬の怖さを示すのに
よくこの事件を引き合いに出してビビらしてた
記憶がある。

このサリドマイド、多発性骨髄腫 (白血病の類縁)
に化学療法の併用で効果があることがわかって
日本では2008年に治療薬として承認されています。

また、ハンセン病患者に多発する難治性の皮膚炎
(結節性紅斑)に劇的に効くことが確かめられ
1998年、米国食品医薬品局はサリドマイドを治療
薬として販売することを許可してます。



和歌山カレー毒物混入事件に使われた 「ヒ素」

昔から毒殺や自殺にも使われた超劇薬だけど
制ガン作用から白血病の治療に使われていて日本
では2004年に許可が出て保険承認されています。



1gで100万人が死ぬ、と言われるボツリヌス菌。
  (青酸カリで1g5人)

500gあれば全人類が死滅すると言われてます。


このボツリヌス菌の毒素のボツリヌストキシンを
使ったボツリヌス療法は日本では眼瞼けいれん、
片側顔面けいれん、痙性斜頸のみに対して承認
されている治療方法。



毒は毒、ていうのは間違いで、毒かどうかは量次第。

お酒もいっしょ。


ランキングに参加させてもらっています。 
これからの励みに応援クリックしていた
だけたら嬉しいです。
              ↓↓↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村
    



人気ブログランキングへ





« 脳が萎縮してもボケない人 | HOME |  酒飲みによくある起立性低血圧 (立ちくらみ等) »

コメント

ちょっと違うけど
心臓の薬に「ニトロ」があり、
あれって爆弾の原料なんでしょ。
なんでそんなものが薬になるんだろう。

「心臓が破裂しそう! うーん、ダイナマイト!!」

ヘビスモさん こんばんは。
爆薬のニトログリセリンと狭心症の薬は同じですよ~( ̄∀ ̄)。
ちなみに私はC4(コンポジット4通称プラスチック爆弾)
をある所で体験的に(合法的です)起爆させた事がありますよ~(^∀^)ノ
こねて練らないと起爆するようにはならないの。
見た目は和菓子のようかんそっくり(笑)しかもライターで火を
点けても激しく燃えるだけ、電気式雷管でしか起爆しないの。
爆発力は人の身体くらいの丸太が50mくらい上に吹っ飛んでました~(o^∀^o)
ちなみに導火線てのはドラマみたいにバチバチバチ……てならない。
プスプスプス… て線香が速く燃える感じです(^_^)v

いつも拝見させていただいております。私は断酒して未だ1ヶ月弱の者です。
薬=毒であっても適正な用量を用いれば体に良いのですね。
酒も同じものでしょうね。用量が守れればですけれど-----。
私には無理なのは解ってますから服用はしません。

カゲミーロさん おはようございます。
毒と言われる薬も薬が毒薬なんじゃなくて使う人に問題がある、
て話ですよ~。 
いつも読んでいただいてありがとうございます。
1ヶ月じゃ いちばんつらい離脱を抜けた頃ですかね。
でも飲酒欲求はなかなか抜けません。 私も もうすぐ2年だけど
飲みたくてしかたないです(笑)

こんにちは。
麻薬なんかも中毒患者もいるし、劇薬もあって、私がナースj時代は病院で、すごく管理が厳しかったです。麻薬を使う場合は、院長印が必要だったり、劇薬を使う場合も毎回の申し送りで確認しでいました。私は胆石持ちだった時があって、仕事中にお腹に劇痛が来て、普通の痛み止めではでは効かず、1度準麻薬を夜勤の医師の指示で使ったことがあります。その時は、申し送りの時に、誰に何故使ったか言うので、恥ずかしかった覚えがあります。

今日の午前2時過ぎまで、「酒とバラの日々」を中国のサイトでみていました。
ヘンリー・マンシーニの素晴らしい音楽にのってストーリーは展開されて行くわけですが、アルコールに蝕まれて行く夫と妻、そして再起に目覚める夫と否認する妻、絶対にアル症者もしくはアル症医療従事者でなければ理解できない映画。
金字塔の「失われた週末」もそうですが、アメリカの薬物に対する啓蒙思想は素晴らしいですね。 maria龍女さんのコメントで「昨日飲んでたら今日いいことあったかな?」この言葉脳天にバシッときましたよ、忘れません。


コンポジット4・・・、なんで知っているの? マニアですか?僕はチョッと武器オタ的なんですが、ハンドガン、自動小銃、ヘビーマシンガンは合法的に撃った事は何度もありますよ。 でも、爆薬だけはさすがに。

今日飲んだら、明日いいこと無いんだと念じて過ごします。

テコさん こんにちは。
胆石はそうとう痛かったでしょう。私は腎臓からの左尿管結石で苦しんだ記憶があります。 石は
動いた時が死にそうに痛いですよね。 母の病院で
消毒用アルコールを持ち出して飲んでたアル中の
先生がいました(アル依存で亡くなったけど)
昔は母に頼んでキッツ~~イ薬(ハルとか)をもらってたけど
今は処方箋薬じゃ、昔みたいな強烈なのは無いですね(苦笑)

ジェットさん こんにちは。
コンポジット・フォーは初めは茶色のようかん
みたいですっごくおいしそうに見える(笑)
それが、こねて練ってるうちにだんだん色が薄く
柔らかくなってきて、そうならないと起爆しない。他にもダイナマイト、カーリットも
ヤりました(どこでヤったかはナイショ ウフフ)
実銃はSKBの12番口径の上下2連、AKの
コピー、シグP226(初めてなのに片手で撃って飛んでいきそうになりました)

ドッカーン

えー! 散弾銃、カラシニコフ、シグP226、爆薬・・・驚きました。
爆破は鬱のときにはいいかも、ドカーンとやってスッキリしゅそうですね。
シグモデルの事も書きたいんですがここらへんでやめときます。

maria龍女さんは謎の女、まさか女性のブログでこんなコメントに出くわすなんて思ってもいませんでした。 あ~面白かった、といゆうかビックリ。

ジェットさん 

散弾銃は母の弟(叔父)が鳥撃ちをやってたから。
その影響でクレーに興味を持って銃砲所持許可証の学科受かって
実技の試験の申請しに所轄の警察行ったら「マエ」がある、といって
申請却下。
AKとシグはグアムで。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://mariaryujo.blog135.fc2.com/tb.php/232-77eb37e3

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

profile

       もくじ

サイト内検索 ↓ご活用ください

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

相互リンク

RSSリンクの表示

最新トラックバック

ヽ(*^・゚)ノ~チュッ♪

powered by
3ET

link

ジャヌビア