1年前でもバレます

2011–04–03 (Sun) 20:51
タバコを吸う人は吸わない人と比べると、当然 病気に対するリスクが高くなります。

そこで非喫煙者と喫煙者で保険料が同じだと平等さに欠ける、と 最近では保険商品に
よって非喫煙者だと20%~40%も保険料が安くなる、また死亡保障の額も変わって
くる、という保険があります。

年間にすると かなり大きな額になりますが、このタイプの保険に新規または乗り換え
で入る場合、ニコチン検査があります。

唾液を採取して検査する器具を使いますが私が見せてもらったのは 「saliva stick」
という検査キット。 見た目は妊娠検査キット(あるけど使ってない・・・・・・)
にそっくりでデジタル体温計の幅を2倍にしたような物。

この検査で1年前までタバコを吸っていたら反応するらしい。2年を超えると出ない
らしいけど個人差はあるし喫煙者と判断する基準は保険会社にもよります。


私が今までに受けた特別な検査

HIV検査(エイズ検査)

血液検査で30分くらいでわかります。30分間ドキドキしたけどセーフ。
保健所で検査してくれますが産婦人科でも診てくれる所はあります。
私の場合は産婦人科。  匿名OK。


ポリグラフ

警察署にて。 すべての質問に対して 「いいえ」 と答えるよう命じられ、答えた時の
呼吸、脈拍、等で判断。 裁判で証拠として採用はされないために検査が終わった後の
刑事からの 「反応が出たぞ!」 の言葉とはセットとなります。


空港でのボディーチェック

脇の下から太ももの内側まで。 あれで何かを隠すのは無理だと思う。
4人で行って、行きも帰りもされたのは、なぜか私だけ。 (なんでやねん !!!)



これからの励みに応援クリックしていただけたら嬉しいです。

                  ↓↓↓↓↓

     ブログランキング・にほんブログ村へ


テーマ→アルコール依存症 / ジャンル→心と身体


« ¥100で高度先進医療特約 | HOME |  私の血でよかったら »

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://mariaryujo.blog135.fc2.com/tb.php/156-5951bbae

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

profile

       もくじ

サイト内検索 ↓ご活用ください

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

相互リンク

RSSリンクの表示

最新トラックバック

ヽ(*^・゚)ノ~チュッ♪

powered by
3ET

link

ジャヌビア