アンモニアが脳にまわる肝性脳症

2010–11–05 (Fri) 22:56
私が退院した時、社長の所に 「お酒の飲みすぎで体を壊して入院してました、
ご迷惑おかけしてすみませんでした」 と挨拶に行くと社長の お父さんも
かなり前に肝硬変で亡くなってたらしい。

脳にアンモニアがまわって医者に連れて行くときに暴れて大変だった、という話を
聞かされた。 それプラス 「もう飲んだらアカンでー!!」 とキツ~く怒られた。

肝硬変になると摂取したタンパク質の分解過程で出るアンモニアを肝臓が処理
しきれずにアンモニアが血中に入る。

アンモニアが脳にまで まわってしまって脳の機能が低下するのが肝性脳症。
初期だと意識はあるけど進行すると昏睡状態になる。


筋肉疲労の原因は乳酸 (乳酸菌とはまた別) が溜まるからだけどアンモニアは
乳酸よりも、もっとひどい疲労の原因となるくらい毒性が強い。


肝硬変になっても残っている肝臓の部分で本来の役割を果たしている時期を
代償性肝硬変。 非代償性までいくと相当悪い。

代償性のうちは高タンパク高カロリーの食事をしないといけないけど肝硬変が
進んでアンモニアが脳にまでまわり肝性脳症になるとタンパク質は制限される。
     (よけいにアンモニアが生成されてしまうから)


肝硬変になっても、まだ飲み続けてるとアンモニアが脳にまわって
肝性脳症になります。

でも肝硬変は自覚症状がありません。 現に私、痛くもかゆくもありません。

ちなみに まだ代償性。 飲まない限りは進行しません。


 
にほんブログ村さんのランキングに参加しています。
これからの励みに応援クリックしていただけたら嬉しいです。

             ↓

        にほんブログ村 酒ブログ 禁酒・断酒へ




テーマ→アルコール依存症 / ジャンル→心と身体


« 酒飲みの亜鉛不足 | HOME |  胃を切除しても飲む人 »

コメント

私はいまのところ大丈夫ですが、あのまま飲み続けていたらと思うと怖いお話です。
こういう話は、聞いた時には気を引き締めますが、すぐ忘れます。

yamadaさん おはようございます。

私も飲み続けていたら間違いなくあの世行き・・
でも、そのときには危機感は無いんですよね。
あの時は危なかったな、と思っても のど元を過ぎれば
忘れてしまいます。
聞いた話ではアンモニアがまわり始めたら、
もう長くはないとか・・・
私は自分に軽度の肝性脳症は あったと思っています。

いつもこのブログみて勉強になります
肝硬変。。自分もお酒が好きなのでもうなってるかもです><やめるのが一番ですね

髪様さん こんばんは。

適正飲酒なら特にやめなくてもだいじょうぶですよ。
肝硬変までなってしまうのはよっぽど飲まないとならないですよ。

コメントの投稿

 
管理者にだけ表示

トラックバック

トラックバックURL

http://mariaryujo.blog135.fc2.com/tb.php/102-39678225

⇒ この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

 | HOME | 

profile

       もくじ

サイト内検索 ↓ご活用ください

最新記事

月別アーカイブ

最新コメント

相互リンク

RSSリンクの表示

最新トラックバック

ヽ(*^・゚)ノ~チュッ♪

powered by
3ET

link

ジャヌビア